VATSIM行動規範(VATSIM Code of Conduct)

このコンテンツは、VATSIM Code of Conductを和訳したものです。原文はこちら

メンバーの皆さんの守るべきこと、してはいけないことが書かれていますので、ルールの遵守徹底をお願いします。

VATSIMはフライトシムと航空管制の愛好家のために作られたオンラインコミュニティです。
VATSIMの主な目標の一つは、楽しく、それと同時に教育的であり、またパイロットと管制官によるリアルなシミュレーション環境を日常的に世界中で作り上げることです。これらの目標を推進するためには、VATSIM会員は以下の行動規範を遵守しなければなりません。この規範は会員自身がどのように行動するべきかを定めています。
この行動規範の改正履歴についてはVATSIM規則集(VATSIM Code of Regulations)の付録Bを参照してください。

A. 一般規則

  1. VATSIM会員は常に礼儀正しく、お互いを尊重し合わなければなりません。
  2. VATSIMを使用するには、まずVATSIMのウェブサイトでVATSIMの会員として登録する必要があります。正しく登録された会員だけがオンライン上でパイロットとして飛ぶことや、管制官として管制することができます。
  3. VATSIMより発行されたIDとパスワードはあなた専用のものです。他人に使わせてはいけません。
  4. 登録時やVATSIMへログインする時は本名を使用しなければなりません。ニックネームやコールサイン、略語はコールサインとして使用する場合を除き、許可されていません。
  5. 会員登録時には、電子メールアドレスを登録する必要があります。またVATSIMと常に連絡が取れるよう、登録した電子メールアドレスを維持する必要があります。これは、登録アドレスに変更が生じた際にはVATSIMメンバーシップのスタッフに通知しなければならないことを意味します。
    そうすることであなたのVATSIMアカウント情報が最新に保たれていることを保証します。VATSIMに登録された電子メールアドレスは、あなたの許可なしにVATSIM外に共有されることはありません。登録アドレスへの連絡がつかない場合は、予告なしのアカウント削除処分の対象になりえます。
    ISPベースの電子メールアカウントを提供し維持するための要件は、メンバーシップ担当者(Vice President of Membership:VATGOV12)の独自の判断で省略することができます。
  6. VATSIMのIDとパスワードは1人につき1つのみです。
  7. VATSIMにログインするために、パイロット・管制官共に各クライアントソフトをダウンロードしインストールしておく必要があります。これらのクライアントソフトはVATSIMのWEBページに公開されています。これらのソフトには取扱説明書が付属していて、チュートリアルも多く公開されています。VATSIMに接続する前にこれらのソフトの基本的な使い方を理解しておいて下さい。
  8. (a) 8.(b)に定める場合を除き、VATSIMへは1つのアカウント(CID)につき1つの接続のみ許可されています。パイロットとしてログインし、なおかつ管制官としてログインするなどの二重ログインは許可されていません。
    (b) 管制官は、行動規範のC(11)に則った音声ATISをパイロットに提供する場合に限り、第二の接続を作成することができます。第一の接続は管制官として、第二の接続は音声ATISとしてのみ使用すること。いかなる場合でも管制官は2つを超えて接続を作成することはできません。
  9. VATSIMにログイン中に30分を超えて席を離れてはいけません。これが守れない場合はVATSIMからログアウトして下さい。30分間応答しない事が判明した会員はネットワークからの強制ログアウトの対象になります。さらにこれが繰り返されるとVATSIM規則集第六条(アカウントの停止や除名)の対象となります。
  10. VATSIMは学習の場でもあるので、パイロットは管制手順を学習中の新人管制官に出くわすかもしれません。また同様に管制官は初めてVATSIMに参加したパイロットに出くわすこともあります。そのことを理解したうえでVATSIMに参加してください。
  11. チャット機能や音声・文字による管制チャンネル、各支部を含むVATSIM関連の公式フォーラム等で誹謗中傷や公序良俗に反する内容を発言したり書き込んだりすることは禁止されています。
    違反者はVATSIM規則集第1条Code of Conduct項に従ってアカウント取り消し、及び場合によってはVATSIMからの追放処分に処せられます。
  12. 同様にプライバシーの侵害や脅迫、いやがらせ行為を行った場合等もVATSIM規則集第六条に従った処分(アカウントの停止や追放処分)に処せられます。
  13. VATSIMは会員に対して取締活動を行いません。オンライン上で、当事者同士で速やかに解決できない、他の会員に影響を与える、ネットワークの動作に支障をきたすといった問題が生じた場合、関係者は問題解決のためにスーパーバイザーや管理者がオンライン上にいるかを確認してください。
    もしスーパーバイザーや管理者によって問題が適切に解決されなかったと感じた場合は、紛争解決の担当者(Vice President of Conflict Resolution:VATGOV8)へ書面にて苦情を申し立てることができます。紛争解決の担当者による判断はその問題に対する最終決定となります。
  14. 必要以上の期間、無効なコールサインでログインしてはいけません。無効なコールサインとは、いかなるパイロット、管制官、インストラクター、スタッフとも結びつかないコールサインの事です。このルールは無効であると判断された全てのコールサインに対して累積して適用されます。初犯は警告のみですが、繰り返し行われた場合はVATSIM規則集第六条(アカウントの停止や除名)の対象となります。
  15. 創立者(Founders)、理事(Board of Governors:BoG)、実行委員(Executive Committee:EC)、スーパーバイザー、インストラクター、スタッフといった立場にない者は、それらのために予約されているコールサインを使用してログインしてはいけません。
    また、意図的に又は結果的に、他の会員があなたをそのような立場の者であると勘違いしてしまうようなコールサインでログインすることも禁止されています。

B.パイロット規則

  1. VATSIMにログインする前に、地上にいるパイロットは自分の航空機を滑走路や誘導路ではない場所に駐機させて下さい。
    そうすることでログイン時にあなたの航空機が、その時空港で行われている可能性のあるオペレーションに干渉するのを防ぐ事ができます。
  2. 上空でVATSIMに接続するパイロットは、事前に管制官から一時停止した状態でのログインを許可されていない限り、一時停止をしながらのログインをしてはいけません。そうすることでログイン時にあなたの航空機が、他者のフライトに干渉する可能性を減らす事ができます。
  3. パイロットはその時飛行している空域が適切な管制官によってカバーされているかどうかを常に確認しなければなりません。適切な管制官が現れたり、管制官から通信を求められた場合はすぐに通信を行って下さい。
  4. 地上にいる時や、パイロットから又は管制官からの要求に応じて初めてコンタクトを取る前を除いて、パイロットはスコークをスタンバイにしてはいけません。目的地への飛行中に管制官がいない場合でもスコークをスタンバイにしてはいけません。
  5. 全ての管制官が音声による管制を提供するとは限りません。中にはテキストのみを使用する管制官もいます。
    VATSIMでは音声ではなくテキストで管制を受ける場合があることを、パイロットは受け入れる必要があります。
  6. パイロットは現在使用中の周波数または「ガード」周波数(121.50)上でパイロット同士や管制官との私的な会話を続けてはいけません。
    このような行為は、他のパイロットへの管制に干渉します。ガード周波数は緊急時用であり、他の状況下で利用されるべきです。
  7. 管制下に置かれていない空域を飛行中のパイロットは、122.80またはその他の指定された「ユニコム」周波数に設定し、管制の行われている空域に達するまでその周波数を聴取する必要があります。
  8. パイロットは管制下にある場合に限り緊急事態を宣言することができます。管制が行われておらず周囲に他の航空機がいる場合は緊急事態を宣言することはできません。
    何らかの理由で管制官から緊急事態を終了させるように要求された場合は、即時に従うかVATSIMからログアウトしなければなりません。
    パイロットはVATSIMにログイン中、音声又はテキストよる、またはトランスポンダコード7500を入力してのハイジャック宣言を含むいかなる違法行為も再現してはいけません。
  9. 二人以上でのフォーメーションフライトが許可されています。何らかの理由で管制官から間隔を空けるように指示された場合は、即時に従うかVATSIMからログアウトしなければなりません。
  10. パイロットは自身の最大限の技量で管制官の指示に従うよう試みる必要があります。

C.管制官規則

  1. 初心者管制官およびその空域に不慣れな管制官は、まず他の管制官の業務を観察したり、その地域で使用される手順を調べておく等、可能な限り自習しておくべきです。
    管制手順や周波数、管制席、チャートといった情報は、通常は当該地域を管轄する支部のウェブサイトで手に入れる事ができます。
  2. 所属する地域以外で管制を行いたい管制官は、訪問先の地域に於いて有効な規則や手順に従わなければなりません。
  3. オブザーバーとしてVATSIMにログインする際は"_OBS"で終わるコールサインを使用して下さい。アンダースコアより前の部分は自身のイニシャルか空港識別子を使うことができます。オブザーバーとしてログイン中はテキストや音声によってパイロットと交信してはいけません。
    つまり、オブザーバーは航空管制サービスを提供することができません。業務の観察に限られます。航空管制サービスを提供してしまったオブザーバーはIDの取り消しと、VATSIMからの追放の対象となります。
  4. VATSIMでは管制席について一般的に次の略語を使用します。これらの略語にはその空域を示す3から4文字の識別子が前置されます。
    これらの略語は、訓練やその地域で使用されている手順が行われている事を表すためにACCやFIR、各支部等により修正されたり更新されたり加えられたりすることがあります。管制官はVATSIMでは一般的に受け入れられない、またはその地域では使われていない略語を使用してはいけません。
    1. XXX_DEL - デリバリー
    2. XXX_GND - グランド
    3. XXX_TWR - タワー
    4. XXX_DEP - デパーチャー
    5. XXX_APP - アプローチ
    6. XXX_CTR - コントロール
  5. 管制席は先着順で占有されます。開局しようとした管制席が既に埋まっていた場合は、他の管制席を探す必要があります。 時折、ある管制席を占有していた管制官がVATSIMやインターネットから切断されてしまうことがあります。
    もし別の管制官がその管制席を開局していて、後に元の管制官が再びログインしてきて接続を失ったことを知らせてきた場合は、後から開局した管制官は元の管制官に管制席を譲り渡さなければなりません。
  6. 一般的に各支部またはリージョンは特定の管制席又は時間帯に対して、特定のレーティングをもつ管制官だけが開局できるように制限を課す場合があります。
    管制官はログイン前に自身に開局資格があるかどうかを確認するために各支部の定める規則を調べておいて下さい。
  7. 管制官は自身の所属する支部又はリージョンによって認可された管制席用の周波数のみを使用する必要があります。
  8. VATSIMでは音声が好ましい通信方法です。しかし、全てのパイロットが管制官との通信に音声を使うわけではありません。
    VATSIMでは管制官はパイロットに対して常に文字による管制を提供する準備をしておかなければなりません。音声通信が可能なパイロットに対してのみ管制を行ってはいけません。
  9. 管制官は現在使用中の周波数または「ガード」周波数(121.50)上で管制官同士やパイロット又はその他の者との私的な会話を続けてはいけません。
    このような行為は、他のパイロットへの管制に干渉します。ガード周波数は緊急時用であり、他の状況下で利用されるべきです。私的な会話はプライベートチャット機能を使用して行って下さい。
  10. ATSIMでは音声が好ましい通信方法であるため、レーティングに関係なく全ての管制官は可能な限り音声を使用することが許可され奨励されています。管制官が音声を使用することを防ぐ、又は制限する規則があってはなりません。
    上記、行動規範C(8)に従い、全ての管制官はパイロットの求めに応じてテキストによる管制を提供する準備をしなければならず、パイロットはいかなる理由があってもそれを拒否されてはいけません。
  11. 音声ATISについて。 一般規則A(8)(a)および(b)に規定するように、管制官はパイロットへの音声ATISの提供を目的とする時、自身のCIDを使用してVATSIMへの第二の接続を作成することが許可されています。音声ATISを提供しようとする管制官は以下の各要件を「必ず」満たさなければなりません。
    1. S1以上のレーティングを保持していること。
    2. 現実世界でATISが提供されている空港施設であること。
    3. ATISが作成されている飛行場を管制する(タワー)管制官がログインしていること。これは当該空港をカバーするAPPやCTRでも良い。
    4. 一人の管制官につき1つの音声ATISのみ録音し、1つの空港のみを対象とすること。
    5. 音声ATISは最大1分を超えない長さとし、管制官が読み上げたものであること。さらに、現実世界のATISで見られる基本的な情報のみを提供しなければならない。これには天候、使用滑走路、空港での操縦に直接関係のある情報が含まれる。管制官は上記以外のイベント告知や個人的な情報等、関係のない情報を提供することは明示的に禁止されている。
    6. 音声ATISを提供する場合は、同内容の情報を文字ATISにて提供すること。
    7. 音声ATISは管制官の母国語で提供することができるが、その場合は同内容の文字ATISを英語で提供すること。
  12.  ビジビリティーレンジ(可視範囲)について。 全ての管制官は、開局した管制席における適切な可視範囲を設定する必要があります。
    ​各管制席における最大可視範囲は以下の通りです。
    • 管制承認伝達席(DEL) : 20海里
    • 地上管制席(GND) : 20海里
    • 飛行場管制席(TWR) : 50海里
    • 入域管制席(APP) : 150海里
    • 出域管制席(DEP) : 150海里
    • 航空路管制(CTR) : 600海里
    • オブザーバー(OBS) : 300海里
    VATSIM理事会、ネットワーク管理者やスーパーバイザーによる事前の承認がない限り、上記の表に記載された最大の範囲よりも高い範囲を設定することは許可されていません。
    このルールに違反していることが判明した場合、初めは当該管制席の最大範囲以下に設定するよう警告を受けます。繰り返し行われた場合はVATSIM規則集第六条(アカウントの停止や除名)の対象となります。
    VATSIM GRPの付録B (http://www.vatsim.net/network/docs/grp2/) に指定された空域は承認されています。
    スーパーバイザーとネットワーク管理者は、この規則の対象ではありません。


VATSIMの主な目標は教育の場であり、リアルなフライト・管制シミュレーションを提供することであり、最も重要なのは、この趣味を誰もが楽しむことができる環境を提供することであるということを覚えておいてください。この行動規範に記載された単純なルールに従うことで、誰もが学び、世界中から新しい友人を作ることが保証されるのです。

Enjoy ! VATSIM