2. 見学時の注意事項

見学時の注意事項

VRCを使ってオブザーブする場合と、Flight Simulatorを立ち上げて、SB/FSInnを使ってオブザーブする場合がありますが、ここでは前者について説明します。

 

  1. VRCを起動します。
  2. 与えられたVATSIM ID、パスワード、本名(ローマ字)、コールサインを使ってログインします。ここでいうコールサインは'イニシャル'+'_OBS'となります。
    なお、先に他の人が同じコールサインを使っていて入れない場合は、数字を付加するなどしてください。
    →例)Taro YAMADAさんの場合は、'TY_OBS'または'TY2_OBSなど

  3. 連続して30分以上見学している場合、管理者から英語で在籍確認が入ります。英語での返答に自信がない方は30分で一旦ログオフし暫くしてから見学を再開してください。

  4. 管制交信を聞きたい時にはVRCで準備されているモニター機能を使用する事で簡単にモニターできます。モニター機能ではなく管制官のチャンネルに直接入りモニターする時には、"PRIM"と"TX"にチェックを絶対いれないでください。パイロットと管制官が通信出来なくなります。

  5. レンジは300nm以内とし、必要最低限な設定にしてください。

  6. VATSIMスタッフ(VATGOV*)、VATJPNスタッフ(VATJPN*)、スーパーバイサー(**_SUP)からのチャットでの呼びかけには速やかに応答してください。応答がない場合は、強制的に切断されたり、処分の対象となります。
    ※重要なチャットに必ず気がつけるよう、慣れるまでは常にVRC内のCONTROLLER LISTは開いておきましょう。
    チャットの使い方は見学を始める前に覚えておくべき事項です。

  7. 同一のIDで同時に複数の接続をしないでください。(例:VRCで接続し、かつSquawkBoxを経由して接続することなど)