3. 訓練用サーバ "sweatbox"への接続

訓練用サーバ "sweatbox"への接続

訓練用サーバ "sweatbox"とは

管制の練習用サーバがVATSIMには準備されており、"sweatbox"と呼ばれています。
ここではVATJPNスタッフが専用ソフトを使ってトラフィックを操り、初心者管制官の補足トレーニングや実技試験などを行います。
なおこのサーバはVATSIMサーバから切り離されていますので、通常のトラフィックは全くなく、集中して管制の練習を行うことができます。
尚、管制官トレーニングは筆記試験合格後のセルフトレーニングが基本です。他の管制官の管制を見学しながらVRCの操作方法に慣れてきたら筆記試験にチャレンジしてみましょう。

 

※現在、必須訓練および試験の希望者が多数のため、初回講習・延長講習・実技試験以外でのSweatbox使用は受け付けておりません。OJT中の訓練生は、告知による重点項目周知を有効活用してオンラインでのトレーニングを行ってください。

 

[訓練風景]

 

注意事項

訓練用サーバですので、VATJPNスタッフからの指示がない場合は絶対に接続しないでください。
※接続記録は全てVATSIMサーバにて管理されています。

 

接続方法

→VRCのインストール、一般設定についてはこちらをご覧下さい。
1)サーバ定義ファイルをダウンロードします。
下記のファイルをそのままVRCがインストールされているディレクトリに保存します。
*最新バージョン(V1.2.4)以降の場合は マイドキュメント の「VRC」フォルダ内に保存します。

 

【右クリックで保存】→myservers.txt

 

2)VRCを起動します。

 

3)"Connect to VATSIM"ダイアログの"Server:"の選択肢に"SWEATBOX"が追加されていますので、それを選択します。"Callsign:"はVATJPNスタッフより指定されたもの、そのほかの項目はあなたの情報を入力してください。

 

4)"Connect"ボタンを押して接続します。

 

5)"Communicaton"パネルを開いて、周波数の設定を行います。"Position Name:"、"Frequency"、"Vox Server"は通常通り入力します。"Vox Channel"はセクター名の間に"_s_"を付加してください。(例:福岡コントロールの場合は"rjdg_s_ctr")
※これを怠ると、VATSIMサーバで同一チャンネルを開いている管制官と音声がバッティングします。

 

6)"Save Changes"ボタンを押し、PRIMにチェック、さらに環境に応じてHDSTもしくはSPKRのどちらかにチェックを入れます。

※画像では"_t_"となっていますが"_s_"で設定してください。

 

7)以上でトレーニングの準備は終了です。