VATSIM関連

関連団体

VATSIM(Virtual Air Traffic Simulation Network)

Virtual Air Traffic Simulation Network
全世界のインターネット上で航空管制シミュレーションを提供する団体です。VATJPNはVATSIMの日本支部です。

VATASIA

VATJPNが所属するVATSIMのアジア地域サイトです。
日本のほか、韓国・台湾(中国)等の支部があります。

パイロット・管制官共通

Servinfo

VATSIMのログイン状況を見れるフリーソフトです。各支部ごとはもちろん、管制官別、パイロット別、各空港別など、細かく見ることができ、フライトプランも調べられます。コールサインの呼び方、型式の名称もわかります。

SkyVector

世界中のエンルートチャートが無料で閲覧でき重宝するサイトです

vPAR

PARをするためのソフトウェアがあります。パイロットはvPAR Transponderを使って、管制官が起動しているvPAR QuadRadarに接続します。ルータをお使いの方はポート4242 TCPを開けておく必要があります。

vroute

VATSIMのオンライン状況を地図で確認したり、他のユーザーが作成した世界中のフライトプラン(審査されたものだけ)を検索することが出来るソフトです。
平成21年12月13日現在、日本のフライトプランは「749」アップロードされています。
他の方がアップロードされたフライトプランでも編集や削除が可能です。

無料版(Standard)の主な機能
・ルート検索機能
・ウェザー確認機能
・ルートアップロード機能
・オンラインマップ機能
・オンライン管制&フライト予約機能
・イベント告知機能

パイロット用接続ソフト

FSInn

VATSIMでも使えるパイロット用クライアントです。
ターボモードにすると普通のマルチのように他機がスムーズに表示されるようになります。
フォーメーションフライトには必須です。
AVCが内蔵されている他にカンパニー用としてTeamspeakやRogerWilcoを
使用することができます。

SquawkBox

パイロット用の接続ソフト”SquawkBox”のダウンロードはこちらで。
FS2002、FS2004、FSXで使用できます。

2008年5月リリース

XSquawkBox

X-Plane用のSquawkBoxです。
AVCも内蔵しているので音声を使った管制を受けることができます。

vPilot

「初心者でも使いやすく」 の設計コンセプトで開発されたパイロット用接続ソフトです。
多機能ではありませんが、設定のし易さ、使い易さが特徴のパイロット用クライアントです。
FSX、P3Dで使用できます。

2014年5月リリース

管制官用接続ソフト

VRC(Virtual Radar Client)

VATSIM専用のATCクライアントです。
複数画面で運用が出来るように作られています。